子育て

公立昭和病院での出産②

投稿日:

1.お産セットの中身

今回は、前回の記事で書ききれなかった情報をUPしようと思います。

入院時に産院から提供されるお産セット。

バッグの中には分娩直前から産後に使用する衛生用品一式が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

産褥ショーツ×1
フルオープン産褥ショーツ×1
産後用骨盤ベルト×1
ガーゼハンカチ×1
分娩監視装置用固定ベルト×1
授乳用ハーフトップ×1
エタノール消毒液×2
赤ちゃんのおしりふき×1
ピジョンヘアーセット×1
臍帯箱×1
お産用パッドM×2,L×1
滅菌直後パッド×1

私は帝王切開での出産だったため、入院期間が術後7日でした。

7日間使用するもので足りなかったものは購入する必要があるのですが、私が買い足したモノはお産用パッドMと赤ちゃんのおしりふきでした。

お産用パッドは生理用ナプキンの大きいサイズでも良いと思います。

私のように、頻繁に取り換えたい方は多めに用意して入院時に持っていくと良いと思います。

他に、赤ちゃんの紙おむつも1袋提供されるのですが、うちの子はうんちの回数が半端なく多かったので、入院中におしり拭きだけでなく紙おむつも1袋では足りませんでした。

 

スポンサーリンク

 

2.あった方が良いモノ

その他にあった方が良いモノと言えば、母乳パットでしょうか。

使い捨てのモノは汚れる度に取り換えられるので衛生的です。

スポンサーリンク

 

ただ私は使い捨ての付け心地がどうしても好きになれなくて、洗って使える犬印のパッドを愛用していました。

スポンサーリンク

 

それから授乳クッション。

私の愛用中のクッションは、カバーが洗える京都西川のシンプルなものです。

柔らかいのにしっかりとしていてとても気に入っています。

スポンサーリンク

 

 

あとはボックスティッシュも1箱以上使いました。

ティッシュやナプキンなどは病院の一階にコンビニがあるのでそちらで購入可能です。

 

スポンサーリンク

 

3.入院中の食事

入院中の食事は豪華なものではありませんが、美味しかったですよ。

朝食がパンの日は牛乳が出るのですが、牛乳が苦手な私、、、。

ヨーグルトに変更してもらえました。

朝食がパン派の方や、ご飯派の方。

希望を相談してみると変更してもらえると思います。

3時のおやつは結構ガッツリでした(笑)。

 

そして入院中に一度だけ出される祝い善。

とても美味しくいただきました♡

スポンサーリンク

 

4.感想

妊婦健診から出産まで、私は公立昭和病院に決めて本当に良かったと思っています。

先生、看護師さん、助産師さんは皆優しい方ばかりで、相談事があれば親身に聞いてくださいました。

入院中、同室だったママたちとの時間もとても楽しかったです。

 

出産は人生でそう何度も体験出来ることではありません。
(何度も体験出来る方もいますが。)

だからこそ産院選びは妊婦さんにとってとても重要だと思います。

私の体験が、これから出産を控えている妊婦さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Affingerウィジット336px

Affingerウィジット336px

-子育て

Copyright© watashinokurashi.com , 2020 All Rights Reserved.